運動が肝心

筋力が増えれば基礎代謝も上がる

リバウンドしない方法、それは筋力をつけ基礎代謝をあげることです。 基礎代謝とは特に運動をしなくとも、ヒトが生きるために細胞がはたらき消費するエネルギーのことです。 たとえ眠っていても、細胞の呼吸、肺による呼吸、血液の循環、体温の維持、などに使われるエネルギーです。 摂取する栄養を過剰に控える、過激なダイエットにより脂肪はおろか筋肉まで落としてしまうと、この基礎代謝が下がりかえって太りやすくなってしまうのです。 また精神面においては、ストレスの軽減も実は大切なリバウンドしない方法の一つです。 急激なダイエットにより鬱積がたまれば、その後どうしても暴飲暴食にはしりやすくなるのは、経験的に分かる人もいるかもしれませんね。

疲れたら休みつつ運動を続けよう

リバウンドしない方法として筋力をつけるために、もちろんジムに通い専門家のアドバイスを受けながら行うのも一つの方法です。 あるいは散歩や水中ウオーキング、ストレッチなどでもごく自然に筋肉を維持、あるいは増やすことができます。 また、最近高齢者の筋力アップのために考案された、ひたすらゆっくり、ゆっくりと簡単なストレッチを行う方法もあります。 ゆっくり動いても筋肉などつかないと思われるかもしれませんが、実はスポーツ選手が実践することもある有効なトレーニング法なんですよ。 リバウンドしない方法は無理のない範囲で、疲労を感じる日は適度に休息をとりつつ体を動かすことを続けること。 遠回りなようで、実はこれが一番確実な方法なのです。